子供の教育、反抗期をどう乗り越えるか

子供の反抗期は、中学生や高校生のときに現れます。このとき、親が「勉強しなさい」とか、「ゲームばかりするな」などと頭ごなしに叱ると、かえって子供は反発します。だいたい口で言って聞くぐらいであれば、すでに勉強していると思います。親は、子供が言うことをきくまで口で言って、むりやり従わせるという教育方針は考え直した方がいいでしょう。勉強しない子供に対してどうすればいいかですが、塾に通わせるか、家庭教師を雇うかしましょう。子供の自発的な行動に任せるというのに無理があります。子供が教育に向かうような環境を用意してやるのが、親の務めです。勉強以外であれば、部活動などに子供の気持ちを向かわせることです。ゲームはひまつぶしですから、そのひまな時間を部活動などに通うことでなくすことができれば、子供にとってもっと有効な時間を過ごすきっかけになるでしょう。反抗期を乗り越えるために、親が口やかましく言うのではなく、子供の行動をどうすれば変えられるかについて考えてみてください。

本格的な体験レッスンを受けられる東京のフラワースクール

在学中に音声・音響スタッフとしてプロの映画制作

多くの有名ダンサーからの指導が受けられます

関連menu

更新情報

ボックス画像1

子供の成長は親にとって大変うれしいことですが、大きくなるにつれて反抗期にも突入します。誰にでもあると

反抗期の子供との向き合い方

ボックス画像2

教育において大切なことが勉強を教えることです。しかし、中学生は反抗期のまっただ中ですから、まともに話

教育と反抗期は切っても切り離せない関係にあります

ボックス画像3

反抗期は、何かしら悪いイメージを持ち合わせている方もいますが、人にとって大切な時期になります。この期

反抗期による教育の接し方

ボックス画像4

反抗期は突然やってくるものです。今まで素直に話を聞くことが出来たような子供でも急にそれが出来なくなっ

反抗期に対応をする教育をすることの大切さについて

Copyright© 教育 反抗期 All Rights Reserved.

子供の教育、反抗期をどう乗り越えるか